秦野市~震生湖
- 2009/03/30(Mon) -
3月28日(晴れ後曇り)

今日は秦野市がお勧めする観光スポットで、ダイヤモンド富士が鑑賞できる、
震生湖に出かけました。

当初は、水無川沿いの桜並木とセットで楽しむ予定でしたが、まだ蕾で、
諦めて震生湖のダイヤモンド富士に焦点を合わせました。

震生湖バス停から秦野市を望む
震生湖バス停から秦野市を望む。

小高い丘のため思ったより風が強く寒く感じました。




震生湖畔

ダイヤモンド富士(午後5時40分頃)まで時間があるので、震生湖畔まで降りてみると
ひっそりしていました。




ファンタジーな夕焼け

最後に、ダイヤモンド富士は露出不足で不発でしたが、ファンタジーな夕焼けを鑑賞できたため
納得して帰宅しました。
関連記事
この記事のURL | 徒然日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ある日の夕方~関東富士見百景:不動橋
- 2009/03/27(Fri) -
関東富士見百景の成城不動橋
土曜の夕方、近所の関東富士見百景の成城不動橋にでかけました。
雲が垂れ込め、いい具合にオレンジ色に染まりました。




富士山のシルエット
空気が乾いて澄んでいるので、富士山のシルエットが浮かび上がり、日が暮れました。

2009年1月世田谷区成城にて撮影。
関連記事
この記事のURL | 富士山 | CM(0) | ▲ top
ダイヤモンド富士を追いかけて~松ノ内公園
- 2009/03/24(Tue) -
3月20日(曇り後晴れ)

先週に続いての、ダイヤモンド富士神奈川編で横浜の松ノ内公園に出かけました。
京急線杉田駅で下車し、登り坂を上りきると目的地に到着します。

午後5時過ぎになるとカメラマンがちらほら集まり、最終的に10名程の集合となりました。
午後5時30分、雲に覆われていた富士山も太陽が山頂付近になると、シルエットがはっきりしだします。

本来のダイヤモンド富士
午後5時38分山頂に太陽がタッチダウンし1分後に下半分が隠れました。




望遠200mm付近で全景を撮影
午後5時40分、望遠200mm付近で全景を撮影。




山が燃える
午後5時41分ようやくダイヤモンド富士イベントの閉幕です。山頂が燃えています。




090320_04.jpg

日没後、富士の右手に「きのこ雲」が湧き上がり撮影しました。


今回の小高い丘が右手に富士山、左手に横浜港を眺める事ができ
素晴らしい展望台だと思いました。

日が翳ると急に冷え込み、明日に備えて撤収しました。
関連記事
この記事のURL | ダイヤモンド富士 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
春の江ノ島海岸
- 2009/03/22(Sun) -
春の江ノ島海岸
2008年3月に江ノ島海岸で撮影。

パステルカラー富士山もこの時期の特徴です。


関連記事
この記事のURL | 富士山 | CM(0) | ▲ top
ダイヤモンド富士を追いかけて~本牧山頂公園
- 2009/03/21(Sat) -
3月15日(曇り後晴れ)

今日は先週に続き、ダイヤモンド富士神奈川編で本牧山頂公園に出かけました。
山頂ダイヤは前日でしたが、午後3時頃迄雲が多く撮影を翌日にしてコロコロダイヤを
撮影しました。

コロコロダイヤ
本牧山頂公園の展望台で撮影。

午後5時30分を過ぎても雲に覆われて諦めて撤収の準備をしていましたが、
午後5時34分になんと黒い雲のカーテンが上がり、稜線が肉眼でも確認
できるようになり急いで三脚のセットを行いました。




いじわるコロコロダイヤ
午後5時36分さらに、雲が散って明るくなり、いじわるコロコロダイヤを撮り続けました。




コロコロダイヤMAX
午後5時37分、いじわるコロコロダイヤの最大な状態。
稜線をなぞって午後5時40分に完全に沈みました。



この後、日没迄待って夜景の富士山を撮影しましたが、雲が湧き出て
撮影困難と思い撤収しました。
関連記事
この記事のURL | ダイヤモンド富士 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
青梅市~梅の公園(吉野梅郷)~
- 2009/03/20(Fri) -
天沢院の裏の丘から撮影
天沢院の裏の丘から撮影。ここはパンフレット等で利用される場所。

今回で「梅の公園」のシリーズは終了です。




天沢院の裏の丘から撮影
同じく天沢院の裏の丘から撮影。




土手風な場所
日本庭園付近の土手風な場所撮影。


これだけのコンデションに恵まれてしまうと、ハイテンションになってしまいますが、
冷静に撮影ができました。今日は暖かく、風のない絶好の写真日和でした。
関連記事
この記事のURL | 徒然日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ