ダイヤモンド富士を追いかけて~山中湖:きらら
- 2009/02/19(Thu) -
2月15日(晴れ)

昨日に続いて、山中湖のダイヤモンド富士の撮影をレポートします。

湖畔をぶらぶらして、午後1時過ぎに山中湖に来てみると、空が厚い雲に覆われ、
今日はダイヤモンド富士を半分諦めながら待機しました。

目視では確認できない程の三脚の列
午後3時過ぎに撮影。目視では確認できない程の三脚の列。

なんと午後3時を過ぎた頃には、雲が散って富士山の全景を確認でき、その瞬間まで
興奮する気持ちを抑えて待ちました。




ダイヤは山頂の真ん中に降臨し

湖面が波が起ち、ダブルダイヤモンドにはなりませんでしたが、ダイヤは山頂の真ん中に降臨し、
人々の記憶に刻み消滅しました。いつもはファインダーごしに鑑賞していますが、今日は肉眼でも
拝見しました。




右稜線に後光
日没後はいつもの通り、右稜線に後光が射しカメラマンを労います。




夕焼け待ちのオーディエンス
さらなるファンタジーや夕焼けを待っているか、誰も帰る人いませんでした。
残念ながら帰りのバスの時間があるので私は退散しました。
関連記事
この記事のURL | ダイヤモンド富士 | CM(2) | ▲ top
<<絹雲と逆さ富士~山中湖 | メイン | アイスキャンドルフェスティバル~山中湖:きらら>>
コメント
-Re-
> こんばんは!
> いやはや、これはスゴイ!!!!
> 2年前に奥日光小田代が原にある貴婦人と呼ばれる、一本の木を撮りに行ったとき、
> 午前4時氷点下3℃(10月6日です)のなか、やはり100人くらい来ていましたけど、
> それ以上ですね!!
> いやはや(^^)
ここまでメジャーになるとは、インターネットやデジカメの
普及のおかげと思います。
本来のダイヤモンド富士は、日の出が対象で一部の写真愛好家の
密かな楽しみと聞いています。
2009/02/19 22:55  | URL | 星の地図 #-[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんは!
いやはや、これはスゴイ!!!!
2年前に奥日光小田代が原にある貴婦人と呼ばれる、一本の木を撮りに行ったとき、
午前4時氷点下3℃(10月6日です)のなか、やはり100人くらい来ていましたけど、
それ以上ですね!!
いやはや(^^)
2009/02/19 22:26  | URL | ジョージ #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |