気ままウォーキング:小仏峠~高尾山編
- 2008/01/06(Sun) -
1月6日(晴れ)

今日は早起きして小仏峠~高尾山の区間のウォーキングに
出かけました。

今回のスケジュールは京王高尾駅に7時8分着、
JR高尾駅北口から7時12分発小仏行きに乗車するため
トレッキングシューズで駅ホームと階段をダッシュして
ギリギリ間に合いました。(ちなみに次のバスは一時間後です。)

080106_01.jpg
終点の小仏で下車し先ずは小仏峠に向けて出発しました。
舗装された緩やかな坂を登り30分も歩くと、小仏峠への山道が
見えてきます。

毎週登山を経験していても開始の1時間は、普段使用していない
脚横前方部の筋肉に鈍い痛みを感じて登山途中に、気にならないように
なるのですが、痛みが引く前に小仏峠に到着してしまいました。
体力が付いた事を実感しました。

写真撮影をしているうちに痛みが消えてしまいました。

※画像クリックでラージサイズ表示します。
080106_03.jpg
  山頂の標識と親子たぬき(何故?)

今朝は1月としては暖かいため小仏峠から都心を撮影した時は
どんよりとしていましたが、杉林から見える富士山は相変わらずの
美しさでした。(ここでは富士山の写真は割愛します。)

相模湖方面と分岐されている林道を城山方面に向けて
出発しました。このコースは小高い丘をイメージして
いただけると判り易いと思います。

この城山は芝生以外の地面がドロ化していましたが、
不思議と峠の茶屋の周りだけが、ドロ化されていない事に
気付きました。さすが商売人と思いました。

080106_04.jpg
城山に立派な松の木がありましたので、
お約束のコラボ写真をどうぞ。

この後、高尾山山頂に向けて出発しました。


コースは多少アップダウンはあるのですが、登山に比べると
楽と思っていましたが、路面の大部分がこの陽気でドロ化して
思いのほか進みませんでしたが、丁度いい場所に展望台(一丁平)が
ありここで休憩&の写真撮影をしました。

    ※画像クリックでラージサイズ表示します。
080106_06.jpg
9時過ぎになると家族客が増えだし賑やかになりました。
疲れた頃に休憩所や展望台と飽きさせない楽しい
ウォーキングコースです。


    ※画像クリックでラージサイズ表示します。
080106_08.jpg
もみじ台からの富士山。山頂から500Mの場所にある。

暫く歩くと「もみじ台」に到着しました。
今、もみじの時期ではないのですが、富士山の眺望も良く、
ダイヤモンド富士のスポットとして有名でしたので、
押さえで撮影しました。(12月の冬至の時期が楽しみです。)

撮影後、直ぐに山頂に到着したのですが、年始参りの方や
ハイキングの方であふれ返っていました。

軽い休憩と水分補給を行い、年始参りがてら境内を散策しました。


080106_09.jpg



080106_10.jpg


年始参り客が多く、ここまででウォーキングとして物足りないため、
穴場コースの浄心門の側道から蛇滝(1号路コース)で下山を
開始しました。

道幅は1人分がやっとで、年始参りで溢れかえる境内と違って
ひっそりして、心が休まり本来のウォーキングを堪能できました。

コース最終で「湯の花梅林」を歩き、小仏関所跡の手前で
旧甲州街道に戻りこのまま高尾駅まで歩いて帰りました。
移動距離としては普段と登山より少ないですが収穫いろいろ
あったと思いました。

高尾山は1年を通じて見所があり、知らない事ばかりだと
つくづく思いました。
関連記事
この記事のURL | 登山&ウォーキング | ▲ top
| メイン |