ご当地料理の紹介:焼きそば
- 2007/03/14(Wed) -
yakisoba02.jpg
    富士宮の観光スポット「焼きそば神社」
      ※画像クリックでラージサイズ表示
yakisoba01.jpg
   迷うならハシゴしろ!富士宮の焼きそば

今回は富士宮の焼きそばの紹介です。

縁日のソース焼きそば、塩焼きそば、あんかけ焼きそば等々
ありますが、富士宮はまず麺に特徴があります。

蒸した後に油でコーティングする蒸麺製法による強いコシを特徴と
しています。鰹節をかけたりするのはたまに見かけますが、ここでは
イワシの削り粉を振り掛けています。

オーソドックスながら、癖になる味です。
「迷うならハシゴしろ!富士宮焼きそば」と言いたいです。

富士宮で焼きそばが普及した理由として、町おこしの一環として
市民有志と行政が一体となり、全国的に普及しました。

焼きそばは本来、ラーメンやカレーと同じく愛されるB級(失礼)
国民食だけあって、ご当地のやきそばに秋田県横手市の横手焼きそば、
群馬県太田市の太田焼きそばなどあります。

ところであなたのお好みは、何味でしょうか?

富士宮焼きそば学会:http://www.umya-yakisoba.com/index2.html
関連記事
この記事のURL | 食事 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<ご当地料理の紹介:ほうとう | メイン | 高川山:(十一番)>>
コメント
-「横手焼きそば」は本場で!-
私は仕事で毎月横手市へ行っていたので、横手焼きそばは本場で何度も食べたよ。しかも、横手焼きそばの会のような団体の会長さんともご一緒し、地元のかたがたが楽しみながら「焼きそば=町おこし?」に取り組んでいる様子を体感しました。
麺にも特徴があるらしいんだけど、一番のポイントは「半熟目玉焼き」が乗っていること。半熟の黄身を麺と絡めながら食べると、まったりと濃厚な味に変身!それから、脇役の福神漬けも特徴のひとつ。普通の焼きそばは紅しょうがが付き物だけど、横手は福神漬けが添えられていて、その甘じょっぱさがなんとも和風な感じで私は好きです(^^)
機会があったら、ぜひ本場で食べてみてね~(ちなみに横手までは、新幹線こまち号で東京→大曲まで3.5h、大曲→横手は2両編成の在来線で3駅。冬季はドアの開閉が手動で~す)
2007/03/15 09:38  | URL | miyuki #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://freeway11.blog93.fc2.com/tb.php/1357-e41d8601
| メイン |