ご当地料理の紹介:ほうとう
- 2007/03/15(Thu) -
      ※画像クリックでラージサイズ表示
houtou01.jpg
   郷土の味、家庭の味それは「ほうとう」

今年は暖冬とはいえ、ここ数日は冬に逆戻りして
そんな時に食べたいと言えば「ほうとう」でしょう。
(強引な設定ですが、、)

「ほうとう」は山梨の郷土料理で有名ですが、米作に
恵まれない寒冷地域の主食として普及しました。

本来、平麺と野菜を味噌で煮込むのがスタンドードですが、
各店では具材にバリエーションをつけています。
でも具といえば「かぼちゃ」でしょう。

余談ですが、ある番組で山梨県民に「旨いもんだよ」と言ったら
「かぼちゃのほうとう」と答えるそうです。(実話)

近県の埼玉県・群馬県付近で平打ち麺文化があることから、
ほうとうの味対決イベントが行われています。
関連記事
この記事のURL | 食事 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<ぶらり芦花公園へ | メイン | ご当地料理の紹介:焼きそば>>
コメント
-味噌煮込みうどんとは違う、独特の存在感-
味噌で煮込んだ小麦麺・・・。でも、なぜか味噌煮込みうどんなどとは違った存在感がある「ほうとう」
私は「ほうとう」を食べるためだけに山中湖へ行ったり、温泉卵を買うためだけに大涌谷へ行ったりします(笑)それくらい好き!
山中湖畔のほうとう屋さんでオーソドックスなほうとうを頼んだ時、精進料理であることに気づきました。動物性たんぱく質は入っていなく、コクを出しているのは油揚げ。それなのに、野菜の甘みと味噌の深みで食べ応えバッチリでした~
2007/03/17 09:29  | URL | miyuki #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://freeway11.blog93.fc2.com/tb.php/1358-2adb49b9
| メイン |