姥子山その2:(一番)
- 2007/12/11(Tue) -
奈良子線林道を20分も歩くと後方に富士山が顔出す。

071209_04.jpg
    まだ霞が少ないので、押さえで富士山を撮影。


山の日影では風が冷たく、路面が凍結している。
そしてなだらかなアップダウンを2時間近く歩くと前方に
姥子山(西峰)が視界に入る。もうすぐゴールだ。


071209_05.jpg
ここまで誰とも合わず少し不安を感じた林道の一人旅。



071209_06.jpg
  大月・金山方面の分岐点から5分も歩くと目的地の
  姥子山の標識が、あとは気合だ。



071209_07.jpg
 3時間半も山道を登った後で、不規則な山道はつらい。

関連記事
この記事のURL | 登山&ウォーキング | CM(0) | ▲ top
<<姥子山その3:(一番) | メイン | 姥子山その1:(一番)>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |