高川山:(十一番)
- 2007/12/26(Wed) -
12月24日(晴れ)

今日は、今年最後の秀麗富嶽十二景の登山を
笹子雁ヶ腹摺山で計画しました。

前回、笹子雁ヶ腹擦山を登頂した時は雲っていたため
富士山を拝む事ができず、次回のチャレンジの機会を
考えていました。

笹子駅を午前7時12分に出発し新中橋経由で山頂を
目指しました。前日の積雪の影響で歩道が凍っており、
なかなか前に進まなくて、おまけに神経を使いました。

甲州街道を平行して35分歩くと、新中橋の手前に、
なんと林道の「冬季閉鎖のお知らせ」の看板が
立ててありました。

071224_01.jpg
不思議と納得な看板。シャッターを押す指が少し冷たい。

区間は「矢立の杉~日影集落上」とあり山頂からの
下山ルートに完全に被っていました。

すぐさま、今回の登山を比較的近い、高川山に変更して
来た道を引き返し、初狩駅で下車し気合を入れ直して
再スタートしました。

初狩駅から沿った坂を登りきると高川山の登山口に到着し、
さらに直ぐの場所に沢コースと男坂女坂コースの分岐点があり、
ここでは以前登頂したことのある、男坂女坂コースを選択しました。

071224_02.jpg
 斜面に積雪があり、杖(シングルストック)を準備する。

足場が悪いながらも快調に歩き続け、また今度は
男様・女坂の分岐点があり安全策をとって女坂を
選択しました。

山頂付近では斜面が急になっており、滑りながら
なんとか登頂することができました。
こんなことならアイゼンでも持ってくればと思いました。



9時50分に高川山登頂。360度の展望台(標高975m)


    ※画像クリックでラージサイズ表示します。
071224_04.jpg
以外にも既に数組のグループがくつろいで、記念撮影や
早めの昼食を摂っていました。

見晴らしがいいことには変わりがないのですが、風が無く
暖かいため、多少どんよりしていて冬のシャープさが
無い印象を受けました。


071224_05.jpg
北西に左からハマイバ丸、大蔵高丸、黒岳、雁ヶ腹摺山。



071224_06.jpg
守り神「ケルベロス」2度目の登場。背を向け、大月を見守る。


ゆっくりしたいのですが、日没時に高尾山でダイヤモンド富士の
撮影があるため早めに下山を開始しました。

登りに比べて下りは、斜面がドロ状態で積雪があるため横歩きで
時間を掛けて下山しました。

下りでは男坂は急斜面で危険だと思い安全策をとってまた女坂を
選択しました。最後は沢コース経由で下山しました。自分としては
こちらの方が山道としては楽しいコースでした。


今回の反省点は林道の閉鎖やこの時期の山の斜面を
想定していなかったことがあげられます。

次回の登山は事前の準備を怠らずにと思いました。
関連記事
この記事のURL | 登山&ウォーキング | CM(0) | ▲ top
<<ダイヤモンド富士を追いかけて:高尾山~ | メイン | 光のピュシス(山の巻):城壁編>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |