姥子山その3:(一番)
- 2007/12/12(Wed) -
岩場をよじ登り、開けた西峰を通過して最後にスパートすると、
そこは誰もいない大自然の展望台。

※画像クリックでラージサイズ表示します。
071209_08.jpg
  姥子山の東峰山頂(標高1503m)

見晴らしは最高だけど、思いのほか暖かいため、
霞がかかり全体にどんよりしている。
そのため冬の富士山特有のシャープさが無く残念。


071209_10.jpg
 後方には雁ヶ腹摺山がそびえる。今回は眺めるのみ。



071209_11.jpg
      南東方面はおそらく宮地山やナラ立山


名残惜しいが、大月駅到着4時半を考えるとしかたなく
午前11時40分に下山開始。
この記事のURL | 登山&ウォーキング | CM(0) | ▲ top
姥子山その2:(一番)
- 2007/12/11(Tue) -
奈良子線林道を20分も歩くと後方に富士山が顔出す。

071209_04.jpg
    まだ霞が少ないので、押さえで富士山を撮影。


山の日影では風が冷たく、路面が凍結している。
そしてなだらかなアップダウンを2時間近く歩くと前方に
姥子山(西峰)が視界に入る。もうすぐゴールだ。


071209_05.jpg
ここまで誰とも合わず少し不安を感じた林道の一人旅。



071209_06.jpg
  大月・金山方面の分岐点から5分も歩くと目的地の
  姥子山の標識が、あとは気合だ。



071209_07.jpg
 3時間半も山道を登った後で、不規則な山道はつらい。

この記事のURL | 登山&ウォーキング | CM(0) | ▲ top
姥子山その1:(一番)
- 2007/12/10(Mon) -
12月9日(晴れ)

今日は秀麗富嶽十二景の姥子山の登山を
計画しました。

前回、雁ヶ腹擦山を登頂した際に、下山しながらの
姥子山を目指しましたが、山道が荒れて判らず
断念したことがあったので、奈良子線林道のゲートから
姥子山の山頂を目指しました。

大月駅から7時10分のハマイバ前行きのバスに乗り、
30分足らずで終点に到着します。

このバス停前で準備体操を行いましたが明らかに
一ヶ月前に比べて空気が冷たく軍手1枚では
指が痛く感じる程でした。予備の軍手と2枚重で
登山を開始しました。

071209_01.jpg
 おそらくハマイバ丸と周辺の山々。見事な登山日和。


4週連続の登山で体力が付いたので思ったより、
楽に早く奈良子線林道のゲートに到着しました。

071209_02.jpg
  登山開始から1時間20分の8時57分に到着。
  このオーバーペースが登山の後半に響く。


071209_03.jpg
  奈良子線林道の看板。この時期は車両通行禁止。

ここで、今日初めてのチョコレート休憩(5分)をとり登山を再開しました。
この記事のURL | 登山&ウォーキング | CM(0) | ▲ top
奈良倉山~猿橋駅:秀麗富嶽番外編
- 2007/12/06(Thu) -
奈良倉山の登頂しましたが、余りにも呆気ないので
麓の大月市内までウォーキングで下山する事にしました。

奈良倉山頂上から松姫峠(林道経由)方面から佐野峠に
向かいました。

071202_04.jpg
   山に囲まれた深城ダム。微妙に霞かかっている。



071202_05.jpg
  なだらかな下り坂が続く、十文字峠付近の林道。
この記事のURL | 登山&ウォーキング | CM(0) | ▲ top
奈良倉山:(五番)
- 2007/12/05(Wed) -
12月2日(晴れ時々曇り)

今日は秀麗富嶽十二景の奈良倉山の登山を計画しました。

決定した理由として、上野原駅発の登山バスが来週の
12月9日をもって来年初夏まで休行してしまうので
決行しました。

071202_01.jpg
バスを一時間乗車して山奥の鶴峠バス停で下車し
奈良倉山の登山口から登頂しました。

思ったより暖かいので30分もすると全身から汗が
噴出します。小一時間すれば奈良倉山に登頂できます。

071202_02.jpg
10時3分ようやく、登頂。軽い水分補給(標高1349m)


071202_03.jpg
登頂後すぐに富士展望台行ってみましたが、
かろうじて雲の間から富士山頂が見える程度でした。

でも間違い無くハイキング日和なので、このまま下山して
大月までウォーキングでもして帰ろうとお気楽に思いました。
この記事のURL | 登山&ウォーキング | CM(0) | ▲ top
滝子山その2:(四番)
- 2007/11/25(Sun) -
風が冷たい、でも遠くまで見える。11時5分登頂。

   ※画像クリックでラージサイズ表示します。
071123_03.jpg
 逆光がきついがファンタジーワールド(標高1620m)

ラージサイズ写真の解説。
一番奥中央は言わずとも富士山、手前は三ツ峠山、
最前列左は鶴ヶ鳥屋山、その右は本社ヶ丸。


071123_05.jpg
      都留市を眼下に、地平線に白い輪。


071123_06.jpg
手前が大谷ヶ丸、南アルプス連峰(ハマイバ丸)を望む。

昼食を摂り余韻に浸りたいが山頂が混み始めたので
11時30分に笹子に向けて下山開始。


071123_07.jpg
鎮西ヶ池を通り過ぎ、見晴らしのいい草原を駆け下りる。


071123_08.jpg
         目の前に南アルプスが広がる。

午後になると、路面が溶け泥化して足場が悪いが
それ以外は快調なペースしかし、コースを誤って
滝子駅方面を曲り沢峠に15分程歩き気付いて戻る。


071123_09.jpg
 川沿いのコースを紅葉を鑑賞しながら下山を続ける。


071123_10.jpg
 トラロープを頼りに急斜面を降り、滝の前で一休み。


道証地蔵でようやく登山終了ここで食べかけの
スナック菓子を食べ、靴紐を多少緩める。

桜森林公園を1時55分に通過、2時ちょうどに中央道を越え、
西陽を受けながら甲州街道ウォーキング、2時40分に笹子駅に
到着。

071123_11.jpg
 日陰は寒い笹子駅前、安心したら急にお腹がすいて、、

列車到着まで時間があるので、着替え、靴下を履き替え
無事登山完了。

早起きはつらいですが、富士山・南アルプス・紅葉と
いろいろ楽しめた登山でした。
この記事のURL | 登山&ウォーキング | CM(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ